記事 身寄りのない”おひとりさま”死後の備えはどうしたらいい?

身寄りのない”おひとりさま”死後の備えはどうしたらいい?

『週刊朝日 2019.2.1』

 

記事を読みました。

 

死後事務委託契約の例を見ました。

弊社ですと、

生前予約遺品整理相続売却など手続代行

でお役に立てそうです。

 

頼りにするのは、個人的には以下の順番だと思います。

1.家族や親族

2.自治体

3.士業

 

神奈川県ですと、記事によれば大和市・綾瀬市・横須賀市が登録制度を導入しているようです。覚えておきます。近隣周辺の自治体に広がる事を期待します。

 

自治体についていえば、死後の手続きの簡略化に舵を切れないものでしょうか。届出人の厳格さも軽減されると、簡略化に繋がってきます。印鑑もはたして必要でしょうか?

と、挙げればキリがなくなりそうです。

 

AI導入による簡略化、省人数化が最適解とは思います。今は過渡期で窓口を通しますが、いずれネットですべて完結という時代になれば皆の負担が軽減されます。

葬儀お葬式の費用で後々揉めないためにも、見積書取り寄せは大事な作業と言えます。

 

弊社プランのお見積りをご希望の方は、下記よりご請求ください。

24時間以内にメールにてご返信いたします。