看取り難民大量発生?破綻した在宅死推進政策 厚木市愛川町秦野市伊勢原市二宮町中井町清川村の葬儀お葬式は厚木愛川市民葬祭

こんにちは、厚木愛川市民葬祭の横田です。


ビジネスジャーナルに次の記事が掲載されていました。


死に場所がない問題が深刻化?看取り難民大量発生の恐れ 破綻した在宅死推進政策


この記事に対するコメント

「団塊世代ではないが、自分の先々を危惧している」

「一生おひとりさまの予定だけど今際の時はどうすればいい?」

「死生観は各個人で真剣に考えなければいけない問題」

「老人ホームに入れる資産を残さないと介護する家族がしんどい」
「在宅なんて無理無理」

「事故死ならともかく、普通は病院で亡くなるだろ」

「今の介護・看護の現状では『どこで死ぬか』というより『どこで死ねるか』に近いような気がする」


100件を超えるコメントが寄せられていて、関心の高さがうかがえます。

自分の死後について考えることも『終活』ですし、延命治療を避けるために『延命治療拒否』の意思を書面化するのも『終活』だといえます。


無理やり延命させられずに『自然な死を迎える』ことを私自身は望んでいます。


 

厚木愛川市民葬祭では要望やニーズに合った葬儀お葬式を心がけていきます。


厚木愛川市民葬祭では、無料事前相談でお客様からの様々な質問にお答えしています。

葬儀お葬式について具体的なプランの決定、お見積りの作成を行っていますのでお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォームかお電話(046-281-8248)にてお願いします。

 

厚木愛川市民葬祭についてはこちら

藤沢平塚市民葬祭についてはこちら