TBS『ニュース23』無縁墓急増…新たな墓のカタチ 厚木市愛川町秦野市伊勢原市二宮町中井町清川村の葬儀お葬式は厚木愛川市民葬祭

おはようございます、厚木愛川市民葬祭の横田です。

 

昨日のTBS『ニュース23』で無縁墓について特集していました。

納骨堂人気、墓じまい、無縁墓 

 

熊本県人吉市の調査では、民間墓地の4割、市有墓地の7割が無縁墓とのことでした。

「想像以上の数でした」と市の担当者は仰っていました。

ちなみに、もし無縁墓を撤去するとすれば億単位の費用がかかるそうです。

 

墓じまいも増加傾向にあります。

「後世に負担をかけたくない」「遠くに住んでいて墓守りが難しい」というのが大きな理由です。

墓じまいにかかる費用は1基あたり15万円から20万円だそうです。

 

新しいお墓のカタチも取り上げていました。

  • 永代供養(寺が将来にわたり供養・管理)
  • ハイテク墓地
  • 合葬式墓地(血縁に関係なく多くの人が一緒に眠る)
  • 送骨納骨
  • バルーン宇宙葬(宇宙に散骨)

 

選択肢が増えるのは良いことです。無縁墓の増加は悲しいことであり、新しいお墓のカタチが世間に浸透することで無縁墓が少しでも減ればと思います。

 

 

厚木愛川市民葬祭では要望やニーズに合った葬儀お葬式を心がけていきます。


厚木愛川市民葬祭では、無料事前相談でお客様からの様々な質問にお答えしています。

葬儀お葬式について具体的なプランの決定、お見積りの作成を行っていますのでお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォームかお電話(046-281-7708)にてお願いします。

 

厚木愛川市民葬祭についてはこちら

藤沢平塚市民葬祭についてはこちら