お墓の種類

1.民間霊園 

管理運営母体は宗教法人や財団法人が一般的です。

特徴

・宗教や宗派を問いません

・どなたでも先着順で申し込みできます

 

2.公営墓地

地方自治体が運営している墓地です。

特徴

・宗教や宗派を問いません

・購入条件があり、応募状況により抽選になることもあります

 

3.納骨堂

主に宗教法人や地方自治体が運営しています。

特徴

・霊園や墓地と比較して安価でお求めやすくなっています

・承継者がいなくても購入できるところが多いです

 

4.寺院墓地

寺院の境内にあります。

特徴

・墓地に入るには、その寺院の檀信徒となるのが一般的です

・教会や神社の経営する墓地もあります

お墓の建立

●お墓を建てる流れ

1.費用、立地、宗派など条件に合う霊園からピックアップ

2.実際に霊園をご見学

3.墓所の申込

4.費用のお支払い(管理料、永代供養料)

5.許可証の発行 

6.墓石の作成

お墓のお引越し(改葬)

●改葬の理由

・実家を離れ別の場所に住んでいてお墓参りに行けない

・承継者が不在

・改宗などにより檀家をやめる

 

●改葬の流れ

1.引越し先の墓地を決める。

2.『改葬許可申請書』を作成する。現在ご遺骨を埋葬している市区町村の役所より書類を入手する。

3.現在の墓地管理者より、『改葬許可申請書』に署名捺印をもらう。

4.現在埋葬している役所より『改葬許可証』を交付してもらう。『改葬許可申請書』および引越し先の『墓所使用承諾書』の提出が必要。

5.法要を行いご遺骨を取り出した後、墓石解体や撤去工事をして既存のお墓を更地に戻す。

6.法要を行い新しいお墓に納骨する。

 

●改葬にかかる費用

①既存のお墓の移転費用(撤去費用)

②移転先のお墓の設置費用(使用料・墓石工事・クリーニング)

③宗教儀式費用(閉眼式・開眼式)

④公的手続き(改葬許可申請)

永代供養

寺院や霊園が供養・管理をしてくれる埋葬形式です。

管理については、33回忌までを期限としているところが一般的です。

管理の期間が過ぎたご遺骨は、合祀された後に永代供養墓にて供養されることが多いです。

 

メリット

・供養や管理の手間が省ける

・宗旨や宗派を問われない

・一般的なお墓購入より費用が抑えられる